ドーパミン出して生きればそれが幸せよ ゆー@VALU

行ったとこ、見たもの、読んだもの、使ったもの、食べたもの、体験のアウトプットブログ。

ここ最近読んだ本を、ざっとまとめ。

 最近読んだ本をざっとまとめてみます。

 

『脳はバカ、腸はかしこい』

脳はバカ、腸はかしこい

脳はバカ、腸はかしこい

 

 ~性的モラルがなく、意志薄弱なウヌボレ屋…そんな脳を支配するのは腸だった!常識の一歩行く、悩ましい腸と脳の話。~

ここのとこ、脳関連に興味があっていろいろ読んでいたけど、

実は脳だけではなく、腸も重要というお話。

 

 

 『「意識の量」を増やせ!』

「意識の量」を増やせ! (光文社新書 522)

「意識の量」を増やせ! (光文社新書 522)

 

 ~壁にぶつかったとき、ああだこうだと思い煩うのをとりあえず一回やめる。すべては自分の「意識の量」が足りないからだと考えてみる。~

ほんとに意識の量って人によってかなり違う。

普段の生活の中でもいっぱいあって、

例えば、車の運転でも、朝夕の暗いと明るいの境目の時間帯。

「見えるから大丈夫」で無灯火で走るドライバーもいれば、

「自分の車が他のドライバーや歩行者に認識されやすいように」とライト点灯する人もいる。

あらゆる場面で、小さな意識の積み重ねで結果には大きな差が出て来る。

 

『 呉真由美流 脳を活性化する速読メソッド 情報処理速度100倍アップ』

 ~本書でいう「速読」とは、脳の情報処理速度をアップさせることによって、
本が速く読めている状態のこと。~

高速音読に興味がでたところからの流れで読んでみた速読系の本。

読書家は一度読んでみるといいかも。

決して、速く読めればいい、というだけの内容ではないよ。

 

 『ダメな文章を達人の文章にする31の方法 なぜあなたの文章はわかりにくいのか?文章の書き方が分かる本(横組版)』

ダメな文章を達人の文章にする31の方法 なぜあなたの文章はわかりにくいのか?文章の書き方が分かる本(横組版)

ダメな文章を達人の文章にする31の方法 なぜあなたの文章はわかりにくいのか?文章の書き方が分かる本(横組版)

 

 ~文章スキルは「あったほうがいいもの」ではなく、「なくてはならないもの」へと変化しつつあります。~

ブログやSNSなどで文章を書く機会が増えてきているので、

文章を、人にわかりやすく書くためのちょっとしたコツなど。

 

 

 

以下の3冊は相場の『サヤ取り』という技術について調べるために読んだ本。

まあ、ネットで検索してもこの程度のことは調べられるかも(笑)

 

『相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術』

相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術

相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術

 

 

 『為替サヤ取り入門 ──FXキャリーヘッジトレードでシステム売買』

為替サヤ取り入門 ──FXキャリーヘッジトレードでシステム売買

為替サヤ取り入門 ──FXキャリーヘッジトレードでシステム売買

 

 

 『世界三大利殖のひとつとも言われるサヤ取りをFXで活用しよう はじめての人のための入門BOOK』

 

単純に速く読むというだけではない 『年収が10倍になる速読トレーニング』

ここのところ、高速音読を試しているせいで、

速読本に興味あり。

 

KindleUnlimited対象だった、

『年収が10倍になる速読トレーニング』苫米地英人(著)を読んでみた。

年収が10倍になる速読トレーニング

年収が10倍になる速読トレーニング

 

 本を速く読むことができれば、

そのぶん多くの本を読むことができて知識を増やすことができますね。

 

ただ速く読んで実際に内容が頭に入るのかは疑問です。

なんのために速読するのか?

未来の夢、目的を見据えた速読のテクニックについて書いてある本です。

 

大切なのは速く読んで速く理解すること。

「速く理解する」ための技術が、ハイサイクル・リーディングというもの。
 1「速読意識」を醸成する。
 2「先読み」を習得する
 3「思考を加速化」するトレーニングをする

・「思考を加速化」する最短ルートが「思考のイメージ化」である。

 

脳を活性化して速読して、

多くの知識を身に付けるということがどういうことか。

そんなことを知ることができる一冊です。

 

 

 

原作はとてもおもしろいが 『天空の蜂』

20年以上前に東野圭吾の原作を読んでいた『天空の蜂』

Amazonプライムビデオで視聴しました。

天空の蜂

天空の蜂

 

 

「なんでこんなシーン入れちゃったの?」とか、

「この俳優さん、こういう演技が個性だとでも思ってんの?」

みたいな場面はところどころありましたが、全体的には面白かったです。

 

ハリウッド映画なら主役級のヒーローがやるようなシーンを、

普通の二等空曹がやっちゃうとこは好きです。

 

でも、やっぱり原作の面白さは表現できていないような気がします。

映画を売るためだったり、出演させたい俳優だったり、

良い映画を作るということ以外の力の作用が大きいのでしょうね。

 

『天空の蜂』
監督
堤幸彦
主演
江口洋介, 本木雅弘, 仲間由紀恵, 綾野剛
助演俳優
國村隼, 柄本明, 石橋蓮司, 竹中直人, 向井理, 佐藤二朗, 光石研

 

映画がイマイチ、と思った方はぜひ原作を読んでみてください。

 

天空の蜂 (講談社文庫)

天空の蜂 (講談社文庫)