ドーパミン出して生きればそれが幸せよ ゆー@VALU

行ったとこ、見たもの、読んだもの、使ったもの、食べたもの、体験のアウトプットブログ。

アーサーとミニモイ

最近、Amazonプライムビデオでリュック・ベッソン関連(監督、脚本など)を集中的に視聴しています。

 

アーサーとミニモイの不思議な国』は、

リュック・ベッソンによる児童文学を映画化した作品。

 子供向け作品とはいえ、

大人も十分に楽しめる映画だと思います。

実写とCGの融合がお見事。

 

主人公のアーサーと、ミニモイのセレニアの関係にキュンキュンきますよ。

 

アーサーとミニモイの不思議な国』は三部作の第一作。

 

シリーズ2作目は、

アーサーと魔王マルタザールの逆襲

 Amazonのレビュー見ると、

物足りないなんて声もありましたが、

自分にとっては充分に楽しめました。

 

ただ、3作目を見るための2作目ということを頭に入れておいた方がいいかもしれません。

 

そしてシリーズ3作目。

『アーサーとふたつの世界の決戦』

 アーサーのパパとママ、相変わらずの空気の読めなさにハラハラ。

けど、息子に対する愛情はいっぱい。

チョコレートパイをカットするシーンで感動するとは。

 

以上三部作はAmazonプライム会員なら、無料で視聴(記事執筆時点)できるのでお得ですよ。