キャプロア7

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

ホンマにちょっとした感想マラソン(4) 100人で書いた本「嘘篇」

100人で書いた本「嘘篇」(審査匿名版)という本が出ている。
26日まで、自分の好きな作品を投票することができる面白い仕組み。
残り2日!急いで。

 

今回は、作品76から100まで。

 

076:つかない嘘

惚れた方が負けということは、惚れなくなったときから無敵なのかもしれない。悪い嘘をつく男に制裁した主人公に快哉!

 

077:kiss me please

女性なら多かれ少なかれ、彼の前で嘘をついているような気がする。嘘をつかなくてもいい安心感が表れている作品。

 

078:バングラデシュの一喝

シンプルな願いほど、言葉に浮かび上がらないものなのかもしれない。主人公の中でずっと残ると思う。

 

079:記憶喪失

記憶に残らないのであれば、何が嘘で何が本当なのかわからないのだろう。記憶があってこその嘘と教えてくれた作品。

 

080:サンタクロースの真実

どこのお家もサンタクロースの苦労はあるようです。証拠作りをする家も多いなぁ。私もいろいろやりました。

 

081:嘘と素直

子どもの嘘には3つの要素があると書かれているけれど、大人にも通じるなぁと思った作品。

 

082:令和前夜~あなたの知らない世界~

後半、一気に話が展開し意外な結末が出てきた作品。なるほど、こんな嘘があるのかと驚いた。

 

083:願いごと

サンタクロースがいないと知っていても、本当の願いだけは叶えてほしい。子どもの切ないお話。

 

084:瑠璃色のライ

華やかそうに見える世界でも、裏で泣く人がいる。嘘を見極めることが必要な世界なのだなと想像する。

 

085:嘘

つくつもりがなくても、結果的に嘘となることは多そう。それを作品にした作者はいい人なのだろうと思う。

 

086:忘れたと言わせて

同音異義語に入るのだろうか。このような失敗は私にもある。この主人公の嘘は愛おしく感じる。

 

087:騙すということ

子どものときの体験は、大人になってからも影響するものだと思わせた作品。武道で主人公は、また変われそうな気がする。

 

088:右足の小指

親の嘘は、ときに愛情余りあるものだと知ることができる作品。ラストの1文に救われる。

 

089:共謀

病気の本人には嘘をつく共謀。きっと現実にもあるのだろう。保険金がどうなったのか知りたい。

 

090:嘘はナニイロ?

嘘に色があったら?なんて、お茶目な作品。絵画のような嘘作品が見えるようで楽しい。

 

091:嘘をつくって素晴らしい

子どもの可愛らしい嘘がたくさん。パパの優しい目が活きる作品。ラストの嘘に爆笑した(笑)

 

092:嘘にも躾を

嘘にもセンスや躾があると知った作品。嘘で品格や人格が測れるのかもしれない。

 

093:嘘と記憶

ここまで論理的に、嘘を効果的に使われると、私は騙されてしまうだろうな。

 

094:自分に嘘をつかない生き方を教えてくれた街

自分に嘘をつかないということを具体的な話で読めた作品。10代で得た体験は大きいなぁと思う。

 

095:嘘という名の鱗をつけて

嘘を鱗に例えた表現がいい。鎧を脱いだ主人公のこれからを読んでみたい。

 

096:プライド

彼が優しい。嘘のセリフだとわかっていても優しい。ダイエットに成功しますように。

 

097:ウソから視えたマコト

ウソもまた人生。主人公の前向きな姿勢に励まされる。

 

098:結婚7年目。旦那に秘密が出来てしまった

どんなことが起こるのかと思ったら、笑う話だった。「知らない方が幸せ」の類の作品。

 

099:明るくハッピーな嘘

自己認識の変化として、嘘をつく。確かにハッピーな嘘になりそう。

 

100:嘘じゃないけど、正解もない世界

初めていく場所というのはドキドキするものだけど、掲示板や案内が不明瞭だと困りもの。スペイン行ってみたいけれど、ちょっと不安になってきた。

  

 

本作品は、こっちだよ。

 

100人で書いた本?嘘篇?[審査用匿名版]

100人で書いた本?嘘篇?[審査用匿名版]

 

 

今日で100作品の感想はおしまい。
こっちにも載せてます。https://twitter.com/nakatahiroco