キャプロア7

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

立ち位置を見失いがちな50代

仕事でバリバリと先頭に立つわけでもなく、プライベートな趣味でも3か月もやったらそこそこできるようになるんだろうなと思うと、手を出すことにも億劫になってしまう、そんな50代。

若い人のサポートをするか、または自分よりさらに年寄りのサポートをするのか。

一人でできることを見つけるのか。

自分の立ち位置がよくわからない50代。

自衛官の人は確か53歳くらいで定年だったと思うんだけど、定年後はどうしているんだろうか?

いや、人それぞれ、自分自身で見つけていかなくてはいけないのはわかっているのだけれどね。

ふと気づくと、何かやりたいんだけど、やりたいことなんもねーなー、という空白の日々。

そんな状況を大きく変えるのは旅か?引っ越しか?ジョブチェンジか?

ちょっとやそっとの刺激では動けなくなってきている50代。

要するにドーパミンも出にくくなってきてるんだな。

 

たぶんね、今の人は長生きし過ぎなんじゃないかと思う。

昔なら50代は社会的にも老人と認識されていたからね。

恋愛して、バリバリ働いて、いっぱい遊んで、結婚して、子育てして、いろんなことが終わる50代。

生き物としての役目は、本来この辺で終わりなのだろう。

 

ただ、今のところせっかく生かしていただいているので(笑)

元気なうちはなにか楽しんでいきたいものである。