キャプロア7

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

手帳からこんなものが・・・

たぶん、明後日辺りに配信開始される予定の週刊キャプロア出版第72号は『手帳』。

7年前の引っ越し荷物をあさっていたら、20~30年前に使っていた手帳兼アドレス帳が出てきた。

当時はスマホどころか携帯電話さえも出始めだったので、アドレス帳も全部手書きだったな。

携帯電話どころかPCも普及していなくて、ブラウン管画面のワープロが使われていた頃だと思う。

 

f:id:beat91:20191028190941j:plain

その懐かしい手帳に挟まっていたのは、自分の店やお友達の店の周年案内ハガキ、父からのハガキ、そして宮沢りえのテレフォンカード!

写真集サンタフェが出た頃だね。サンタフェも買ったな。どこにいっちゃったかな。

このテレフォンカードは今でも使えるのだろうか?

もしかしたら価値が上がるのかな?今はどうなんだろうと思って調べてみたけど、500~1500円程度だった(笑)

 

懐かしいアドレス帳の数百人の名前を眺める。

もうこの連絡先で繋がる人はほとんどいないのだけれど、なんとなく捨てられない。

たぶん死ぬまで家にあるのだろうな。

とてもかわいらしかったあの女性たちはどんな40~50代になっているのだろうか。

うーん。思い出のままがいいな、やっぱりな。

お互いに良い思い出のままでいよう。

 

週刊キャプロア出版第72号、これからざっと校正しまーす。