キャプロア7

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

マグロのまちの、まぐろカツカレー いちき串木野市の海鮮まぐろ家

なぜマグロの記事が続くのか?
それは鹿児島県いちき串木野市が「マグロの町」として知られる遠洋マグロ漁船の船籍数が国内一のまちだから。

ということで、今回は2度目になる海鮮まぐろ家さん。

f:id:beat91:20200823085257j:plain

前回は、まぐろ丼を食べたのだけれど、その時すでに気になっていた、まぐろカツカレーを食べに来たのだ。

日曜日ということで、混んでいるかなとは思ったけど、やはり満席状態で入り口の名前を記入する表に名前を書いて数分。
一人の僕が座るのは申し訳ないような8人掛けのテーブルに案内される。

お店のスタッフさんは、しっかりとフェイスガードをして接客してくださるのでコロナ対策も万全!

最初から決めてあった、まぐろカツカレーを活舌よく注文して待つこと数分。

f:id:beat91:20200830172527j:plain

他の方のブログで見た時よりも、まぐろカツが多いような気がしてうれしい。
Kagoshimaniaxさんに勝ったような気がする(笑)

www.kagoshimaniax.com

カレールーが、魔法のランプみたいな入れ物に入っているのは久しぶりというか、前回がいつだったか記憶にないくらいで、以前にこんな器に入っているお店で食べたことあったっけ?もしかしてテレビや雑誌や漫画などで見た記憶が自身の記憶と混同しているのかもという気になってくる。
ちなみにこの魔法のランプみたいな入れ物は、「グレイビーボート」というらしい。

f:id:beat91:20200830173342j:plain

どろりとした濃厚なカレールーをかけていただく。
まぐろカツはサクサクなんだけど、カレールー、ご飯と一緒に口に入れると一瞬で溶けて胃の中に移動しているというか、なんだこれ?
全てがうますぎて、スプーンですくって口に入れる動作が止まらない。
あっという間に平らげてというか、飲み込んでしまった。
「カレーは飲み物」そう、その言葉は嘘じゃなかった・・・

 

海鮮まぐろ家
〒896-0052
鹿児島県いちき串木野市上名3018番地3

www4.synapse.ne.jp