キャプロア7

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

ちょっと面白そうと思って買ったら

久しぶりにアマゾンで本を買いました。

 

黄金比:自然と芸術にひそむもっとも不思議な数の話 (アルケミスト双書)

黄金比:自然と芸術にひそむもっとも不思議な数の話 (アルケミスト双書)

 

本は割とピンときたら買うんだけど、神聖幾何学に興味があって絵も綺麗だったからポチ。

届いてみたら、小さくてかわいい。

絵本みたい。とウキウキして開けたら。

フィボナッチ数列、リュカ数列、比率、平均、比例式。

なんやこれー!!

絵本みたいにかわいい顔して、

数字の本やんか!

私がもっとも苦手とする数字。

 

 

あきらめて絵だけ見よう。

うん。綺麗。

絵は綺麗だよ。

とっても綺麗。

なんかわからんけども、

一定の比率で作られたもんを

黄金比って言って、

自然界にもたくさん存在するんやんな。

うん。知ってる。

知ってたよ。

 

はぁ。

 

あ、本自体は素晴らしいと思います。

だれか私にわかるように

説明してくれたら嬉しいな。

 

ていうか、ちゃんとタイトルに数の話って書いてるやん。