キャプロア7

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

書籍

『ツンデレ猫のふみふみ日記』にめっちゃ共感!

ほぼ毎日、小靖さんが猫の愛ちゃんとの生活を投稿、更新してくれている、猫キャプFacebookページ。 www.facebook.com そして、その投稿を電子書籍化しているのがツンデレ猫のふみふみ日記シリーズで、現在7巻までが出版されています。 今月22日には最新の第8…

人生でこんなにもぶどうを意識したことはなかった

『ぶどう』出ました! 週刊キャプロア出版(第66号):ぶどう 作者: 週刊キャプロア出版編集部,土谷尚子 出版社/メーカー: キャプロア出版 発売日: 2019/09/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 仕事柄、8~9月に 葡萄を扱うことは多いけれど…

久しぶりにマンガの一気読み 進撃の巨人【期間限定 無料お試し版】

『進撃の巨人』が、2019年9月18日22:00までの期間限定無料お試し版で読めると一昨日知って、空いた時間はずっと読んでた。 無料お試し版はたぶん27巻まで出ていて、そこまで読みきった! 以前に15巻くらいまでは読んでいたんだけどね。 『進撃の巨人』は主人…

物理が苦手でも読める・・・かも

文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る Kindle版という書籍。 まあ、物理の本とか文章とか読むのは苦痛なので普段なら読まないのですが。 最先端の物理学が、金融の世界を制している。 という、コピーに惹かれ。 そしてkindleアンリミテッドの読み…

「特殊清掃」とは?

人気の漫画家沖田×華(おきたばっか)さんの『不浄を拭うひと』を読んでいたので、特殊清掃というものが何かは知っていた。 「特殊清掃」とは、遺体痕処理から不用品撤去・遺品処理・ゴミ部屋清掃・消臭・消毒・害虫駆除まで行う作業。 その特殊清掃について…

上下巻を読んだ後の解説がさらに面白い? 『お金と正義』

現実と虚構が目まぐるしく交錯するエンタメ&ノウハウ小説 kindleアンリミテッドで、カリスマ経営コンサルタント・神田昌典氏の書籍がいくつか読めるようになっていたので集中的に読んでみた。 そのうちの一冊(上下巻)、エンターテイメント小説である『お…

身もだえするほどの恥ずかしさ

10代後半から20代前半の落ち着かない時期。 どんなに格好をつけても不格好というか、知らないことが多過ぎて自信が持てない。 インターネットの時代が来るずっと前。 ラブホテルってどうやって入る?いつお金を払う? コンドームを買うのは恥ずかしい。 自分…

桜島の猫たち 2 Kindle版

鹿児島県のシンボルといえば、やはり桜島でしょうか。 鹿児島港と桜島を結んでいる桜島フェリーに乗船するのが楽しくて、何度か桜島へ上陸していました。 そんなある時、桜島港から歩いて5分ほどの、桜島溶岩なぎさ公園というところに、数匹の地域猫がいるこ…

ふるさと難しいなー

週刊キャプロア出版第59号『ふるさと』の原稿執筆に悪戦苦闘中。 ふるさとのことを書こうと思ったら、なにせ30~50年前の話なので昭和の話になってしまう。 何か書くきっかけになる資料がないかなーと探してたら、またもみうらじゅん! 郷土LOVE (角川文庫) …

patoさんの『おっさんは二度死ぬ 』

文字数めっちゃ多いけど何故か夢中になって読んでしまう旅の記事なんかが面白くて、patoさんには注目していたのだけれど。 そのpatoさんの小説が出た! おっさんは二度死ぬ 作者: pato 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2019/06/29 メディア: 単行本(ソフト…

桜島の猫たち

このブログでも桜島の猫の記事を何度か上げてますが・・・ 電子書籍にしました。 桜島の猫たち 1 作者: ゆー 発売日: 2019/06/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 桜島の猫たち 1 Kindle版ゆー (著), キャプロア出版編集部 (編集), 猫キャプ編集…

前田裕二著『人生の勝算』 当たり前のことを圧倒的なエネルギーでやり続ける

前田裕二さんの「人生の勝算」を読んだ。 この本を手に取ったきっかけも、見城さんの『読書という荒野』と同じで、amazonキンドルのキャンペーンでだ。 著者は、ちょっと一般的とは言えない境遇で、生きるために路上ライブをやったような人だ。おそらくいろ…

見城徹著『読書という荒野』 正確な言葉がなければ、深い思考はできない。深い思考がなければ、人生は動かない。

見城徹さんの「読書という荒野」を読んだ。 この本を手に取ったきっかけは、Amazonキンドルのキャンペーンだった。キンドルアンリミテッドを利用しているので、通常は価格が設定されている本書が、今月に限りアンリミで読めるというキャンペーンだ。それじゃ…

本と温泉 ~城崎温泉に行く口実に使おうと思う

城崎温泉に行った時、お土産物やさんの店先に置かれていたのが、このカニのような代物だ。 なんだろうと手に取ると、「湊かなえ」とある。 ん?本なのかな? ビニールにくるまれているので、中を見ることはできないのだが、『城崎へかえる』というタイトル…

kindle本のいいところ

今日はDAZNでサッカー3試合視聴してたら疲れました。 ゴールデンウィークは2勤1休1勤1休5勤。 勤の方が多いやん・・・ さて、読書はすっかりkindle本がメインになりました。 Kindle本の良いところは、欲しい時にすぐに買えてすぐに読める点ですが、しょっちゅう…

言いたい放題な感想書いたでー (その9) 『100人で書いた本~嘘篇~』

そろそろ終わらせたいぞ(笑) 『100人で書いた本~嘘篇~』の感想。 086:忘れたと言わせて これはね。面白かった。 本来はこういう作品に票が入って欲しいんだけどねー。 実際は、ストーリーじゃなく文章のテクニックとか言葉のアクセサリーで飾っただけの…

言いたい放題な感想書いたでー (その8) 『100人で書いた本~嘘篇~』

小靖先生の猫日記。 ツンデレ猫のふみふみ日記3が出ました! ツンデレ猫のふみふみ日記3 作者: 小靖 発売日: 2019/04/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ということで、今日も『100人で書いた本~嘘篇~』の感想行くで。 076:つかない嘘 僕…

言いたい放題な感想書いたでー (その7) 『100人で書いた本~嘘篇~』

ぐはぁ。昨日はなんか読む気にも書く気にならんかった。 今日はがんばるで。 『100人で書いた本~嘘篇~』感想。 066:菅原道真を目指して「一日一嘘」励行 一日一嘘! 人に笑ってもらえるような嘘は楽しいですよね。 067:殺夫計画 えー。夫は結局、悪くな…

あたいって、こんな人なんです

ストレングスファインダーって、やってみた方も多いと思うのだけど、さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0作者: トム・ラス,古屋博子出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2017/04/13メディア: 単行本この商品を含むブ…

言いたい放題な感想書いたでー (その6) 『100人で書いた本~嘘篇~』

投票締め切りまであと一週間ですよー。 『100人で書いた本~嘘篇~』 056:嘘とトイレとクソスチャン 人々が過剰に安さを求めた結果、削れるものは人件費しかなくなってしまうんですよね。僕も飲食業界が長いですが、お金が欲しかったら休み削って働け言われ…

言いたい放題な感想書いたでー (その5) 『100人で書いた本~嘘篇~』

『100人で書いた本~嘘篇~』の感想も後半戦。 残り50作品もあるのか(白目) 051:独白 ご両親が1999年7月に! ここにピンとくる人とこない人で、年代が分かれますね(笑) 052:仲間 ~18才~ 昔は高校生でも普通に飲み屋さんとか行ってましたもんね。 見…

言いたい放題な感想書いたでー (その4) 『100人で書いた本~嘘篇~』

まだ半分も書いてなかった。 がんばって読む! 041:Usoから出向いたShirahama Onsen USO 嘘や勘違いから始まる旅やイベントも楽しければOKよねー。 042:ダンスフロア339 嘘も強く信じて願えば、嘘から出た実。 043:Re: Re:で返信するメールが懐かしく感じ…

言いたい放題な感想書いたでー (その3) 『100人で書いた本~嘘篇~』

100人で書いて100人で読んで100人で投票するという企画、100人共著プロジェクト。 その第7回目、嘘篇の感想です。 021:一雫の響き うーん、何を言いたいん?おじさんわからへん。 022:健全な身体 確かに。腹は減るし、色々と出すものは出したくなるし身体…

言いたい放題な感想書いたでー (その2) 『100人で書いた本~嘘篇~』

『100人で書いた本~嘘篇~』の感想。 011:圏外のイケメン あるあるですねー。近くで見たらちょっと違うって。中学生くらいの時のバレンタインデーは一大イベントでしたね。ドキドキと勇気が伝わります。 012:小さな衝動 子供の頃は一度嘘をついてしまうと…

言いたい放題な感想書いたでー (その1) 『100人で書いた本~嘘篇~』

100人で書いた本~嘘篇~[審査用匿名版] Kindle版がついに配信開始となりました。 この書籍は100人の著者をネットで募って書いてもらって、100人の著者と購読者が一緒に読んで、100人の著者と購読者がお気に入りの作品を投票するという企画です。 100人で…

あれは実話でした。

昨日配信開始された、週刊キャプロア出版 第43号『酒』 私も、小説で参加しました。 『飲みすぎ注意!』 やってしまった。行きつけのバーで先輩や他のお客さんと飲み過ぎてしまった。焼酎をボトルでラッパ飲み2本くらいまでは覚えているのだけれど、気がつい…

友情の新学期(仮) ~シュウジと神様~

もうすぐ新学期ですね。 4月3日(水)発売予定、週刊キャプロア出版第44号(テーマ:新学期)用の小説を書き始めました。 友情の新学期(仮) ~シュウジと神様~ このお話のログラインは・・・ シュウジの前に現れた猫の姿をした恋愛の神様。でも自分の恋愛は…

毎月出すニャ!

小靖さんが毎日書いてくれるので、毎月出します! 猫好きエッセイスト小靖のフォト日記 どんな動物も母といる方が幸せなんだと思いこんでいて、母猫を探してた。猫について知識もない私は、このコと同じ模様の猫を探してた。最近、知り合いのところで暮らし…

子供の頃ラーメンを作ってくれた近所のオカマのおばちゃんと1万円のお話。

彼女の秘密に収録されているエッセイ『オカマのおばちゃん』 これもいいよねー。 100人で書いた本の1万円篇の作品だっけ。 確か投票したかな。うーん覚えてないけど。 読んだ後、西日が染めた車のシートの赤色がイメージできたのを覚えてる。 いつもの細い道…

一日2冊!

峯本雅子『彼女の秘密』は昨日の投稿で紹介しましたが、今日は週刊キャプロア出版第41号も配信開始です。 テーマは『南国』 週刊キャプロア出版(第41号):南国 作者: 週刊キャプロア出版編集部,森羅万太郎 出版社/メーカー: 週刊キャプロア出版 発売日: 2019…