キャプロア7

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

キャプロア出版という電子書籍出版グループで出会った7人のメンバーでなんか書きます。

ホワイトイルミネーションの写真を表紙にしました

お友達から札幌大通公園のホワイトイルミネーションの写真をいただいて、今月のツンデレ猫の表紙に。

f:id:beat91:20191222192538j:plain

ツンデレ猫のふみふみ日記11

ツンデレ猫のふみふみ日記11

  • 作者:小靖,ゆー
  • 発売日: 2019/12/22
  • メディア: Kindle版
 

 ツンデレ猫のふみふみ日記11 Kindle版、表紙は冬だけど内容は夏の頃のお話(笑)

 

表紙に使ったさっぽろホワイトイルミネーションは、北海道札幌市の大通公園、駅前通、南1条通にて1981年(昭和56年)から開催されている。

僕が札幌に住み始めたのは1987年から。
その頃は教育大学の学生さんなんかがアルバイトで設置作業をしている話を聞いて、徹夜の作業とか大変そうだったけど、同時に楽しそうだったのを覚えている。

実際に札幌に住んでいる時はわざわざ見に行くという感じでもなく、たまたま通った時に見るくらいだった。
もっとよく見ておけば良かったな。

それでも大通公園2丁目で開催されているミュンヘン・クリスマス市で、オレンジ系の柔らかい光の中をホットワインを飲みながら歩くのは好きだったな。
それはたぶん彼女(当時の)と歩いていたということもある。←遠い目

www.facebook.com

 

そうだ。100人で書いた本~色篇~では、このホワイトイルミネーションの色を書いたんだった!

100人で書いた本~色篇~ (キャプロア出版)
 

 投票では2票くらいしか入らなかったけど(笑)

 

近くにいる時は当たり前に毎年冬に開催されるもので、珍しくもなかったけれど、遠く離れてしまうと見に行きたくなる。そんなホワイトイルミネーション。
いつかまた。